観光スポット・イベント情報

城下町 松代

  • 提供:信州・長野県観光協会
    提供:信州・長野県観光協会

元和8年(1622年)、武田信玄が川中島の合戦の拠点に築いた松代城に、真田信之が入城。明治維新まで真田家10万石の城下町だった。町内には、横田家住宅などの中級武士の住居が多く、筆頭家老矢沢家の重厚な表門など、武家屋敷の門の遺構も見られる。藩士の師弟が学んだ旧文武学校のほか、真田家の菩提寺である長国寺には、日光東照宮の建築技法を駆使した初代藩主・信之の御霊屋がある。夏はこの町並みを、人力車でめぐることもできる。

  • 所在地
    長野県長野市松代町松代
  • お問い合わせ
    ながの観光コンベンションビューロー観光部
    Tel:026-223-6050 
  • アクセス
    真田邸まで/JR「長野駅」からバス約30分「松代駅前」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について