観光スポット・イベント情報

いにしえ街道




明治初期まで北前船によるニシン漁とニシン取引、檜(旧漢字)材交易によって隆盛が続いた江差。往時の繁栄ぶりをうかがわせる建造物を海岸線の細長い下町に数多く残す下町筋(通称「いにしえ街道」)が、1989年6月、「歴史を生かすまちづくり」のモデル地区に指定された。明治初期の典型的な町屋、漆喰塗りの純和風商家、問屋建築や社寺建築、大正時代からの北海道様式ともいえる和洋折衷洋式など、変化に富んだ町並みが楽しめる。

  • 所在地
    北海道江差町中歌町、姥神町、津花町
  • お問い合わせ
    江差観光コンベンション協会
    Tel:0139-52-4815 
  • アクセス
    北海道新幹線「木古内駅」、道南いさりび鉄道「木古内駅」からバス「姥神町フェリー前」~徒歩3分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について