観光スポット・イベント情報

安曇野ちひろ美術館




画家いわさきちひろの心のふるさとである安曇野の地に、1997年につくられた美術館。ちひろの作品に加え、世界の絵本画家の作品を展示している。建物は平屋の全館バリアフリーで、日常生活から解放されて、ゆったりとくつろぎながら時を過ごせる。館内には、落ち着いて絵との対話ができる5つの展示室をはじめ、絵本の部屋や子どもの部屋、北アルプスを一望できる絵本カフェ、オリジナルグッズが並んだミュージアムショップなどが設けられている。美術館の周囲には、約5万3500平方mのちひろ公園が広がる。公園の一角に『窓ぎわのトットちゃん』にちなんだ「トットちゃん広場」があり、「電車の教室」が再現されている。

  • 所在地
    長野県松川村西原3358-24
  • 開館時間
    10:00~17:00
  • お休み
    毎週水曜(祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、冬期休館・展示替えのための臨時休館あり
  • 料金
    大人900円、高校生以下無料
  • お問い合わせ
    安曇野ちひろ美術館
    Tel:0261-62-0772 
  • アクセス
    JR大糸線「信濃松川駅」から車約5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

ピエゾグラフによる わたしの好きなちひろ展


2021年秋、みんなが好きなちひろの絵で構成する展覧会が、安曇野と東京のちひろ美術館両館で同時開催されます。展示して欲しいちひろの絵のリクエストを、その絵にまつわるメッセージとともに募り、春から夏にかけて2000件超の応募がありました。「赤い毛糸帽の女の子」、「母の日」、「おつむてんてん」などのリクエストが、大切な人と過ごした時間を思い出したり、幼いころの自分や家族の姿を重ねたり、絵のなかの子どもたちの心情や未来を想像したりと、ひとりひとりの人生や思いが伝わる多くのメッセージとともに寄せられました。同展覧会では、届いたメッセージとともに、ちひろの作品がピエゾグラフ(作品の質感を精巧に再現するデジタルプリント技術)で紹介され、没後47年経った今も、色あせることのないちひろの絵とおもいでを新たな時代へつなげます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2021年9月11日~11月30日
    10:00~17:00 ※休館日は毎週水曜(11月3日は開館)、11月4日。状況により変更となる場合あり(最新情報はホームページをご確認ください)
  • 開催場所
    長野県松川村 安曇野ちひろ美術館
  • イベント料金
    大人900円、高校生以下無料
  • お問い合わせ
    安曇野ちひろ美術館 0261-62-0772

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について