観光スポット・イベント情報

紙の博物館




紙に関する資料を幅広く収集、保存、展示する、世界でも数少ない紙専門の総合博物館。渋沢栄一が明治初期に先駆的な製紙工場を立ち上げたことから、日本の「洋紙発祥の地」と呼ばれる東京・王子に、王子製紙王子工場の唯一戦災で焼け残った電気室の建物を利用して、1950年に開設された。1998年に飛鳥山公園に移転。「紙と産業」「紙の教室」「和紙と文化」の3つの常設展示室では、日本の伝統的な「和紙」、近代日本の発展を支えた「洋紙」の両面から、紙の歴史・文化・産業を中心に紹介している。紙に関する企画展・イベントなども随時開催。紙に関する書籍約1万5000点を有し、図書室で利用できる。

  • 所在地
    東京都北区王子1-1-3
  • 開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで) ※変更の場合があるためホームページなどでご確認ください
  • お休み
    毎週月曜(祝休日の場合は火・水曜に振替)、祝日の翌平日、臨時休館日 ※変更の場合があるためホームページなどでご確認ください
  • 料金
    大人400円、小中高生200円
  • お問い合わせ
    紙の博物館
    Tel:03-3916-2320 
  • アクセス
    JR京浜東北線「王子駅」南口から徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について