観光スポット・イベント情報

三溪園




生糸貿易により財を成した実業家・原三溪によって、明治39年(1906年)に公開された日本庭園。東京湾を望む横浜の東南部、本牧に広がる敷地に約20年をかけ完成したもので、18万平方mという広大な園内には、京都や鎌倉などから移築された歴史的価値の高い建造物(重要文化財含む)が数多く配置されている。三溪が存命中は新進芸術家の育成と支援の場ともなり、近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれている。その後、戦災により大きな被害をうけるも復旧工事が行われ現在に至る。

  • 所在地
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
  • 開園時間
    9:00~17:00(入場は30分前まで)
  • お休み
    無休(年末を除く)
  • 料金
    入園料/大人(高校生以上)700円、子ども(中小生)200円
  • お問い合わせ
    三溪園
    Tel:045-621-0634 
  • アクセス
    JR根岸線「根岸駅」から市営バス約10分「本牧」~徒歩10分、またはJR「横浜駅」東口から市営バス約35分「三溪園入口」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

新緑の古建築公開 春草廬・聴秋閣(重要文化財2棟)


広大な敷地を誇る三溪園で、「新緑の古建築公開 春草廬・聴秋閣(重要文化財2棟)」が開催されます。「春草廬」は、織田信長の弟、有楽の作と言われる三畳台目の茶室です。「聴秋閣」は、二条城内にあったとされ、将軍家光が春日局に下賜したとされる楼閣建築です。春草廬と聴秋閣の2棟は、周囲が樹々で囲まれており、新緑の季節には一際美しく、瀟洒な佇まいをみせます。公開にあわせて、聴秋閣の奥に広がる新緑の遊歩道も開放されます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2019年4月27日~5月6日
    9:00~17:00(入園は16:30まで)
  • 開催場所
    横浜市 三溪園 内苑
  • イベント料金
    入園料が必要/一般(高校生以上)700円、小人200円
  • 主催
    三溪園
  • お問い合わせ
    三溪園 045-621-0634

関連ホームページ(外部サイト)へ

蛍の夕べ

  • 提供:三溪園
    提供:三溪園

ライトアップされた三重塔が迎える三溪園の奥で、「蛍の夕べ」が開催されます。本格的な日本庭園で、幻想的なホタルの光が楽しめます。三溪園には、京都や鎌倉などから移築した歴史的価値の高い建造物(重要文化財含む)が数多く配置されています。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2019年5月17日~26日
    9:00~21:00(入園は閉館の30分前まで)
  • 開催場所
    横浜市 三溪園 外苑
  • イベント料金
    入園料が必要/大人700円、小人200円
  • 主催
    三溪園
  • お問い合わせ
    三溪園 045-621-0634

関連ホームページ(外部サイト)へ

三溪園 さつき盆栽展

  • 提供:三溪園
    提供:三溪園

三溪園の外苑に、樹齢数十年を経たサツキの盆栽約100鉢が展示されます。期間中は、苗木のプレゼントや販売をはじめ、整形技術大会のデモンストレーションや随時園芸相談も行われます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2019年5月19日~6月2日
    9:00~17:00(入園は閉館の30分前まで)
  • 開催場所
    横浜市 三溪園 外苑
  • イベント料金
    入園料が必要/大人700円、小人200円
  • 主催
    三溪園
  • お問い合わせ
    三溪園 045-621-0634

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について