観光スポット・イベント情報

水天宮


文政元年(1818年)江戸三田赤羽の有馬藩邸に有馬頼徳公が領地久留米水天宮の御分社を神主に命じて建てたのがはじまり。藩邸内の神社のため、一般の人の参拝は出来なかったが、塀越しに賽銭を投げ込む人が後を絶たなかったため、毎月五日の縁日に限り藩邸を開放して参拝を許可した。人々は参拝を許してくれた有馬家と水天宮をかけて「なさけありまの水天宮」という洒落言葉を口々に言い、当時の流行言葉にもなった。安産の神様として知られているが、子授け・水難除け・渡航安全のご利益も名高い。

  • 所在地
    東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
  • 開門時間
    7:00~17:00
  • お休み
    年中無休
  • 料金
    参拝無料
  • アクセス
    JR「東京駅」から地下鉄丸ノ内線「大手町駅」~半蔵門線「水天宮前駅」A5出口すぐ

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について