観光スポット・イベント情報

ガスミュージアム




明治の初めにガス灯がともって以来、人々の生活とともにあった都市ガス事業の歴史を学ぶことができる博物館。渋沢栄一らに始まった日本のガス事業の150年にわたる歴史を、ガス灯やガス器具、さまざまな映像資料などで紹介している。明治時代に建てられた東京ガス社屋を移設・復元した赤レンガの洋館と庭園を、国内外から移築したガス灯が照らし出す。多数所蔵する明治期社会の様子を伝える多色刷り版画「錦絵」の企画展や、多彩なイベント、ワークショップなども開催している。2022年3月に「食文化ミュージアム」として文化庁から認定された。

  • 所在地
    東京都小平市大沼町4-31-25
  • 開館時間
    10:00~17:00
  • お休み
    毎週月曜(祝休日の場合は開館し、翌日休館)
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    ガスミュージアム
    Tel:042-342-1715 
    Mail: gas-m@tokyogas-com.co.jp
  • アクセス
    JR中央本線「武蔵小金井駅」から「東久留米駅西口(錦城高校・西団地経由)行」の西武バス「ガスミュージアム入口」~徒歩3分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

日本のあかりのうつりかわり-古灯器からガス灯へ-展




2022年が、ガス事業誕生から150年となることを記念した企画展の第2回として、貴重な古灯器のコレクションを紹介する展覧会が、ガスミュージアムで開催されます。古来より「炎」は、調理や暖房のほか、闇を照らす照明の光源として利用され、薪や油、ろうそくなどを使ったさまざまな照明器具が、私たちの暮らしや文化を支えてきました。同展覧会では、日本の伝統文化によって育まれた貴重な古灯器が展示され、近代日本における炎のあかりの到達点「ガス灯」の前史ともいえる和の古灯器の変遷をたどるとともに、江戸から明治にかけての、さまざまな工芸の技を活用した風情ある灯器を鑑賞できます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2022年7月16日~9月19日
    10:00~17:00 ※休館日は毎週月曜(7月18日・9月19日は開館)、7月19日
  • 開催場所
    東京都小平市 ガスミュージアム ガス灯館2階 ギャラリー
  • イベント料金
    入場無料 ※30分間隔の入れ替え制/来館当日、受付にて見学時間の明記されたチケットを配布
  • 主催
    東京ガスネットワーク株式会社
  • お問い合わせ
    ガスミュージアム 042-342-1715

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について