観光スポット・イベント情報

特別史跡 三内丸山遺跡

  • 提供:青森県教育庁文化財保護課
    提供:青森県教育庁文化財保護課

八甲田山に連なる台地の縁に位置する日本最大級の縄文時代の拠点集落跡で、縄文時代6期のうち「前期」中頃から「中期」末頃のものと推定される。約42haの遺跡の中から、縄文時代の竪穴建物跡、掘立柱建物跡、列状に並んだ土坑墓、粘土採掘坑、道路跡などが発見され、計画的に配置された大集落であったことが窺える。遠方との交流が盛んだったことを物語るヒスイやコハク、黒曜石や、製作に専門的な技術を要する漆器などが出土していることから、縄文人の生活を長期的かつ具体的に知ることができる貴重な遺跡として、国の特別史跡に指定されている。一帯は大型竪穴建物などが復元展示され、さんまるミュージアムでは、500点余りの重要文化財を含む出土品約1700点を見ることができる。

  • 所在地
    青森県青森市大字三内字丸山
  • 見学時間
    6月~9月・ゴールデンウィーク/9:00~18:00、10月~5月/9:00~17:00 ※入場は閉場30分前まで
  • お休み
    毎年12月30日~1月1日
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    縄文時遊館
    Tel:017-766-8282 
  • アクセス
    東北新幹線「新青森駅」からあおもりシャトルdeルートバス(ねぶたん号)約15分「三内丸山遺跡前」下車、またはJR「青森駅」から「三内丸山遺跡行」の市営バス約30分「三内丸山遺跡」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について