観光スポット・イベント情報

東商渋沢ミュージアム




近代日本経済の父と称される渋沢栄一(1840~1931年)を顕彰する展示資料室で、渋沢が創立し、初代会頭を務めた東京商工会議所内にある。渋沢は、「民の繁栄が、国の繁栄につながる」と提唱し、生涯に約500件の企業の設立・育成に関わり、約600件の病院・学校などの設立にも関与、尽力した。6階に設けられたミュージアムでは、渋沢の直筆の書物や掛け軸、銅像などを多数展示し、オリジナルマスク、箸、湯呑み、ノート、ピンバッジなど東商オリジナル渋沢グッズを販売している。2021年放送のNHK大河ドラマ「青天を衝け」では主人公としてその生涯が描かれた。渋沢の肖像は、2024年刷新の新1万円札の図柄にも決定している。

  • 所在地
    東京都千代田区丸の内3-2-2 東京商工会議所本部ビル6階
  • 開場時間
    10:30~16:30 ※変更となる場合あり
  • お休み
    土日祝 ※変更となる場合あり
  • 料金
    入館無料
  • お問い合わせ
    東京商工会議所 渋沢記念事業推進プロジェクトチーム(オフィス環境部内)
    Tel:03-3283-7857 
  • アクセス
    JR山手線「有楽町駅」国際フォーラム口から徒歩5分、またはJR「東京駅」丸の内南口から徒歩10分※ビル直結の地下通路利用

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について