観光スポット・イベント情報

六十里越街道




山形県庄内地方と内陸を結ぶ「六十里越街道」は、鶴岡から松根、十王峠、大網、田麦俣、湯殿山、大岫峠を越え、志津、本道寺、寒河江を通り、山形に至る険しい山道で、1200年以上前からの歴史をもつとされる。江戸時代になると湯殿山を目指す参詣者で賑わい、“ゆどのみち”とも呼ばれた。現在は、初夏から秋にかけて、山船頭人(ガイド)の案内で「ゆどの道伝説」を聞きながら、皇壇の杉(県指定天然記念物)や千手ブナがそびえ、イワウチワの群生、リュウキンカや水芭蕉などが咲く道で、トレッキングを楽しめるコースとして人気を集めている。※一部通行不可の区間あり(詳しくは鶴岡市ホームページ参照)

  • 所在地
    山形県鶴岡市田麦俣
  • お問い合わせ
    あさひむら観光協会
    Tel:0235-53-3411 
    Mail: argodia@citrus.ocn.ne.jp
  • アクセス
    JR羽越本線「鶴岡駅」から車約30分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について