観光スポット・イベント情報

世界かんがい施設遺産「北楯大堰」


米どころ庄内平野の礎を築いた「北楯大堰」。慶長17年(1612年)狩川城主、北館大学助利長公が最上川下流部の左岸に開削した。以来400年間絶えることなく田を潤し、2018年にその価値が認められ、世界かんがい施設遺産に登録された。立谷沢川から水を引いた疏水から支流が引かれ、一帯には5000haともいわれる多くの水田と集落が誕生した。揚水機場や亀治翁頌徳碑など、北楯大堰には今も史跡が多く残り、庄内平野開拓の道程をたどることができる。きよかわ観光ガイドの会によるガイドツアーもある。清川関所跡を整備した清川歴史公園も近い。

  • 所在地
    山形県庄内町清川地内・狩川地内
  • お問い合わせ
    庄内町観光協会
    Tel:0234-42-2922 
    Mail: shokokanko@town.shonai.yamagata.jp
  • アクセス
    JR陸羽西線「清川駅」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について