観光スポット・イベント情報

船形山大福寺 崖観音

  • (c)館山市
    (c)館山市
  • (c)館山市
    (c)館山市

船形山の中腹に浮かぶ、朱塗りの観音堂が有名な真言宗智山派の寺院。養老元年(717年)に行基が、地元漁民の海上安全と豊漁を祈願して、山の岩肌の自然石に十一面観世音菩薩を彫刻したとされる。幾重もの地層が走る岩肌を横目に階段を昇ると、南房総の植物を描いた天井絵や、十二支を彫った欄間が特徴の観音堂に至る。堂内正面奥に「崖観音」と呼ばれる、舟形の光背を背に二重蓮華座の上に立つ磨崖仏(像高131cm、市指定有形文化財)を拝むことができる。晴天時には、眼下に鏡が浦、遠くに伊豆大島の絶景を望める。

  • 所在地
    千葉県館山市船形835
  • 参拝時間
    8:00~16:30
  • 料金
    境内自由
  • お問い合わせ
    船形山大福寺
    Tel:0470-27-2247 
  • アクセス
    JR内房線「那古船形駅」から徒歩15分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について