観光スポット・イベント情報

松任城跡(松任城址公園)

  • 提供:白山市
    提供:白山市

松任城は、手取川扇状地の中心に位置する城で、平安時代末期に一帯を支配していた松任氏の館として建てられ、後に一向一揆の旗本「松任組」の本拠地として砦が築かれた。約100年間、百姓のもちたる国の城であったが、天正5年(1577年)、上杉謙信と織田信長が一戦を交えた「手取川の戦い」の際は、謙信の攻撃を受け、天正8年(1580年)には織田方の柴田勝家により落城。その後は、加賀藩二代藩主、前田利長や、丹羽長秀の嫡男、長重らが在城した。現在、本丸跡は、松任城址公園として整備され、櫓土盛りや内堀跡などが保存されている。

  • 所在地
    石川県白山市古城町42
  • お問い合わせ
    白山市文化財保護課
    Tel:076-274-9579 
  • アクセス
    JR北陸本線「松任駅」から徒歩2分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について