観光スポット・イベント情報

森寺城跡

  • 森寺城跡(氷見市立博物館所蔵)
    森寺城跡(氷見市立博物館所蔵)

氷見市内最大規模の山城で、中世の史料には「湯山城」と記されている。16世紀半ば頃までは能登守護畠山氏の支城であったが、天正5年(1577年)上杉謙信が能登を制圧するとともにその支城となり、謙信死後は、織田方の佐々成政が越中に侵攻し、その配下となった。中世城郭の本格的な石垣は、富山県内ではここのみに見られ、織豊系城郭の地方伝播を示している。土塁、堀切、竪堀などの防御遺構も良好に残るほか、土師器や白磁、染付、鉄釘なども出土している。現在は、城跡内に散策用コースが整備されている。市指定史跡。

  • 所在地
    富山県氷見市森寺
  • お問い合わせ
    氷見市立博物館
    Tel:0766-74-8231 
    Mail: hakubutsukan@city.himi.lg.jp
  • アクセス
    JR氷見線「氷見駅」から車約25分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について