観光スポット・イベント情報

新田目城跡

平安時代の出羽国の国府跡と伝わる国指定史跡「城輪柵跡」から、西北西に1.5kmほどの所に位置する城跡。出羽留守所職に任ぜられた須藤氏が築いたのが始まりとされ、山形県で最古級の城跡と言われている。主郭と考えられる郭は、一辺約130mの不整方形をなしており、外側を東西約600m、南北約200mの規模の外郭が囲んでいたと推定される。主郭と思われる部分には、現在、大物忌神社が鎮座し、境内や縁辺で土塁や堀の一部といった遺構が良好に残る。県指定史跡。

  • 所在地
    山形県酒田市本楯字新田目89
  • お問い合わせ
    酒田市教育委員会社会教育文化課文化財係
    Tel:0234-24-2994 
  • アクセス
    JR羽越本線「本楯駅」から徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について