観光スポット・イベント情報

宮崎城跡



越中と越後の国境近くに位置する富山県内で最古とされる山城。眼下に富山湾を見下ろし、東は親不知の断崖絶壁、西は黒部川という天然の要害に固められ、北陸道を押さえる陸海の要衝にあたる。平安時代末期に平家討伐の命を受けた木曽義仲が、城主宮崎氏とともに、越中進攻と入京の足掛かりとした城として知られ、戦国時代には上杉氏、椎名氏、佐々氏といった武将らの国境争奪の拠点ともなった。山頂から山腹にかけて、曲輪や石垣、堀切や土塁などが今も残る。県指定史跡。

  • 所在地
    富山県朝日町元屋敷
  • お問い合わせ
    朝日町役場商工観光課
    Tel:0765-83-1100 
  • アクセス
    JR「糸魚川駅」からあいの風とやま鉄道「泊駅」~車約15分「駐車場」~徒歩20分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について