観光スポット・イベント情報

直峰城跡

南北朝時代(1336~1392年)に南朝方の風間信昭が築城したとされる山城。戦国時代は上杉氏の支配となり、「御館の乱」の戦功により、直江兼続の父、樋口惣右衛門兼豊(ひぐちそうえもんかねとよ)が城主を務めた。春日山城から関東へ抜ける要衡にあり、上杉謙信の関東遠征の際の重要拠点とされた。現在も、大規模な空堀や曲輪の跡、2kmにおよぶ敷石の道(旧三国街道)などが残り、県の史跡に指定されている。樹齢800年とされる大ケヤキも歴史ロマンをかきたてる。近隣には、上杉氏ゆかりの添景寺、賞泉寺、安塚神社といった史跡が多数ある。

  • 所在地
    新潟県上越市安塚区
  • お問い合わせ
    上越市安塚区総合事務所
    Tel:025-592-2003 
  • アクセス
    JR飯山線「十日町駅」から北越急行「虫川大杉駅」~車約8分「中腹駐車場」~徒歩10分(山頂)

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について