観光スポット・イベント情報

檜原城跡

甲斐と武蔵をつなぐ要所となる位置に築かれていた、山城の跡。築城年代などについて詳細は不明であるが、少なくとも戦国期の後北条氏時代後半には、戦略上の理由からこの地に城が築かれ、利用されてきたものと考えられている。後北条氏の支城として機能していたため、天正18年(1590年)の豊臣、徳川両軍の関東侵攻に際し攻撃を受け落城、以後、廃城となった。主郭を中心に、南と北にのびる尾根を階段状に削平した小規模な郭から成り、郭は細い土橋で接続されていたほか、南の尾根には、堅堀も設けられるなど、防御の工夫が施されていた。現在でも、土橋や堅堀など、中世山城の様子がうかがえる遺構が残り、都の史跡に指定されている。

  • 所在地
    東京都檜原村本宿
  • お問い合わせ
    檜原村教育課社会教育係
    Tel:042-598-1011 (代表)
  • アクセス
    JR武蔵五日市線「武蔵五日市駅」からバス約25分「本宿役場前」~徒歩30分

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について