観光スポット・イベント情報

世田谷城跡

目黒川の支流の烏山川が三方を囲む、舌状台地先端に築城された、中世城郭の跡。清和源氏の流れをくむ足利氏の一族、吉良氏の居城として知られる。正確な築造時期は不明であるが、貞治5年(1366年)に吉良治家によって築城されたと伝わる。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原攻めで北条氏が滅亡した際、吉良氏は上総国生実(現在の千葉市)に逃れ、廃城となった。現在は、世田谷城址公園として整備され、郭や、土塁、空堀の一部などの遺構を見ることができる。城内には、「弘徳院」という豪徳寺の前身に当たる寺があったと伝えられているが、詳細は不明。近年の発掘調査で、掘立柱建物、井戸、地下式坑、火葬施設などが発見され、有力候補地として注目されている。都指定史跡。

  • 所在地
    東京都世田谷区豪徳寺2丁目14番周辺
  • お問い合わせ
    世田谷区生涯学習・地域学校連携課文化財係
    Tel:03-5432-2726 
  • アクセス
    JR山手線「渋谷駅」から東急田園都市線「三軒茶屋駅」乗換~東急世田谷線「宮の坂駅」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について