観光スポット・イベント情報

国史跡小笠原氏城跡

  • 林城跡遠景(左:林大城跡、右:林小城跡、中央:谷部が大嵩崎集落) 提供:松本市教育委員会
    林城跡遠景(左:林大城跡、右:林小城跡、中央:谷部が大嵩崎集落) 提供:松本市教育委員会
  • 林城跡(小城主郭の石積) 提供:松本市教育委員会
    林城跡(小城主郭の石積) 提供:松本市教育委員会
  • 井川城跡(伝櫓台跡) 提供:松本市教育委員会
    井川城跡(伝櫓台跡) 提供:松本市教育委員会

平地に造られた井川城跡と山に造られた林城跡(大城・小城)で構成される、小笠原氏の大規模な城跡。井川城は、14世紀中頃に信濃守護に任じられた小笠原貞宗が築いた本拠地で、発掘調査の結果、堀と土塁で囲まれた南北130m、東西70mの長方形の居館であったと判明した。15世紀中頃、同族間の争いが起こり、拠点は東の山間に移され、林城が築かれた。大城は、尾根上に連続する平場群、堀切、土塁が特徴で、全長約1kmにわたる。主郭は標高844mの山頂にあり、周囲を土塁に囲まれ、わずかに石積が残る。小城は、主郭をとりまく石積が良く残り、大城にはない畝状竪堀が見られる。大城と小城の間の大嵩崎(おおつき)集落では、中世の礎石建物跡が発見されたため、小笠原氏の拠点の1つと考えられる。大城の登り口までは、松本市教育文化センターから徒歩10分。近隣には針塚古墳、旧山辺学校校舎、兎川寺、須々岐水神社などがある。

  • 所在地
    長野県松本市井川城1-4553ほか(井川城跡)、里山辺5348ほか(林城跡)
  • お問い合わせ
    松本市教育部文化財課
    Tel:0263-34-3292 
  • アクセス
    井川城跡まで/JR中央本線「松本駅」から徒歩20分、林城跡まで/JR中央本線「松本駅」からバス「里山辺出張所前」~徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について