観光スポット・イベント情報

楽山園



江戸時代初期に、織田信長の次男、信雄により築庭された小幡藩邸の大名庭園で、国指定名勝。景石(けいせき)が置かれた池を中心に、中島や築山、茶屋などを配した池泉回遊式庭園であるとともに、西の紅葉山、南の連石山や熊倉山を借景とし、空間構成が優れた庭園としても有名。複数ある茶屋からは、武将、織田氏と茶事との関連性がうかがえ、歴史的、文化的にも価値がある。楽山園の名前は、「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」という論語の故事から付けられたと言われ、戦乱の世を経て、ようやく訪れた天下泰平の世を願う庭園であったことが偲ばれる。拾九間長屋のガイダンス室では、小幡藩邸(御殿)の1/50スケールのジオラマを展示するほか、楽山園の歴史や町の見どころを映像で紹介している。

  • 所在地
    群馬県甘楽町大字小幡648-2
  • 開園時間
    9:00~17:00、11月~2月/~16:00(いずれも入園は閉園30分前まで)
  • お休み
    12月29日~1月1日、台風や大雪などで臨時休園する場合あり
  • 料金
    高校生以上300円、中学生以下無料
  • お問い合わせ
    甘楽町社会教育課文化財保護係
    Tel:0274-74-3131 
  • アクセス
    JR「高崎駅」から上信電鉄「上州福島駅」~車約10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について