観光スポット・イベント情報

三津屋古墳




群馬県内で初めて発見された、全国でも稀な正八角形の古墳で、1995年に県の史跡に指定された。八角形墳は、7世紀中頃以後、主に天皇陵に採用された形式とされ、全国に10例程しか知られていない。三津屋古墳は、二段構築から成り、一辺の長さは上段で約6m、下段で約9mを計り、墳丘設計に唐尺(1尺≒30cm)が使用されたと思われる。墳丘には稜角が残り、葺石(ふきいし)の状態などから見て、八角形墳と位置づけられ、7世紀後半の築造と考えられている。現在は、見学できるよう復元整備されている。

  • 所在地
    群馬県吉岡町大字大久保字三津屋2037-1
  • お問い合わせ
    吉岡町文化財センター
    Tel:0279-54-9443 
  • アクセス
    JR上越線「群馬総社駅」から車約5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について