観光スポット・イベント情報

田島弥平旧宅


「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産のひとつで、国指定史跡の「田島弥平旧宅」の主屋は、養蚕技法「清涼育」を開発した田島弥平(1822~1898年)が、文久3年(1863年)に建てた住居兼蚕室。櫓(越屋根、天窓)と呼ばれる換気用の小屋根が付いた、近代養蚕農家建築の原点となる建物で、当時の蚕室建物跡、桑場、蚕種保管の種蔵などの遺構が残る。毎月第3日曜は、主屋1階の「上段の間」(9:00~16:00)および、田島弥平旧宅西側の田島善一家(進成館)の主屋2階と櫓(10:00~16:00)を公開している(※いずれも個人宅のため、都合により公開中止となる場合あり)。近隣の「田島弥平旧宅案内所」では、ビデオ上映と展示資料の解説を行っており、当時の養蚕作業を詳しく知ることができる。

  • 所在地
    群馬県伊勢崎市境島村甲2243番地外
  • 開館時間
    田島弥平旧宅案内所/9:00~16:00
  • お休み
    田島弥平旧宅案内所/12月29日~1月3日
  • 料金
    田島弥平旧宅案内所/入場無料
  • お問い合わせ
    田島弥平旧宅案内所
    Tel:0270-61-5924 
  • アクセス
    JR高崎線「本庄駅」から車約20分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について