観光スポット・イベント情報

史跡 観音山古墳




高崎市南東部の綿貫町にある、6世紀後半に造られた墳丘長97mの大型前方後円墳(国指定史跡)。埋葬施設は、入口の狭い通路の奥に、遺体を置く広い玄室がある横穴式石室。玄室は、県内最大級の規模で、天井には牛伏砂岩の巨石、壁には榛名山の噴火がもたらした角閃石安山岩が使われている。未盗掘の石室からは、銅水瓶や鏡、馬具、冑、大刀など、多種多様な副葬品が見つかった。墳丘からは、3人の女子が並んで座る埴輪をはじめ、豊富な埴輪が出土した。これらは国の重要文化財に指定されており、群馬県立歴史博物館で見ることができる。

  • 所在地
    群馬県高崎市綿貫町1752
  • 見学時間
    【石室】4月~10月/9:00~17:00、11月~3月/9:00~16:00 ※石室見学の最終受付は閉所30分前まで。団体見学の際は事前予約が必要
  • お休み
    【石室】年末年始
  • 料金
    見学無料
  • お問い合わせ
    群馬県文化財保護課
    Tel:027-226-4684 
  • アクセス
    JR「高崎駅」東口から高崎市内循環バスぐるりん約30分「綿貫団地南」~徒歩3分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について