観光スポット・イベント情報

大佛次郎記念館


「鞍馬天狗」シリーズの生みの親、大佛次郎(おさらぎじろう、1897年~1973年、横浜生まれ)の作家人生を紹介する資料館。大佛は、歴史小説のほか、ノンフィクション「パリ燃ゆ」、現代小説、随筆、戯曲など、その幅広い執筆活動により大衆文学の雄として知られる。自筆原稿や書簡、所蔵の図書、美術品をあわせて約7万点の資料を収蔵、企画展も開催している。建物は開港期の横浜絵にあるような洒落た洋風建築で、「霧笛」や「帰郷」などの作品の舞台となった場所でもある。小説のタイトルにちなんだ名の「ティールーム霧笛」は、港の見える丘公園の沈床花壇が正面に広がる絶好のロケーション。

  • 所在地
    神奈川県横浜市中区山手町113
  • 開館時間
    4月~9月/10:00~17:30、10月~3月/10:00~17:00 ※いずれも入館は閉館30分前まで
  • お休み
    毎週月曜(祝休日の場合は開館し翌日休館)、その他館の定める日
  • 料金
    大人200円、中学生以下無料 ※横浜市内在住の65歳以上は無料
  • お問い合わせ
    大佛次郎記念館
    Tel:045-622-5002 
  • アクセス
    JR京浜東北線「石川町駅」南口から徒歩20分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について