観光スポット・イベント情報

拾ヶ堰(じてんしゃひろば)


1816年(江戸後期)灌漑のために作られた農業用水路。着手からわずか3か月という驚異的な早さでつくられた堰で、安曇野の堰の中でも最大規模。全長約15km、高低差は5mほどしかなく、ゆったりと安曇野の中央部を貫いて流れている。取水口から堀金の大曲がりまで北アルプスに向かって流れ、のどかな田園地帯を形成している。2016年に開削200周年を迎えた拾ヶ堰は「世界かんがい施設遺産」に登録されているほか、農林水産省の「疎水百選」にも選ばれている。途中に設けられた「じてんしゃひろば」からは、拾ヶ堰と北アルプスの常念岳を眺めることができ、人気の撮影スポットとなっている。「やまびこ自転車道」が併走しているので、サイクリングやウォーキングにも最適。※広場に駐車場はありません。

  • 所在地
    長野県安曇野市
  • お問い合わせ
    安曇野市観光情報センター
    Tel:0263-82-9363 
  • アクセス
    じてんしゃひろばまで/JR大糸線「南豊科」から徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について