観光スポット・イベント情報

折石・巨釜




唐桑半島のリアス式特有の海岸線に佇む、高さ16mの大理石の石柱「折石(おれいし)」は、明治29年(1896年)三陸大津波の際、先端部分が2mほど折れたことから、この名がつけられた。折石のある岬は、岩に打ち寄せる波が白く泡立ち、まるで大釜の中で湯が煮えたぎっているかのように見えたことから「巨釜(おおがま)」と呼ばれる。巨釜に隣接する岬の「半造(はんぞう)」でも、太平洋の海蝕による奇岩の眺めを楽しめる。年間を通して望める朝日も絶景。

  • 所在地
    宮城県気仙沼市唐桑町中
  • お問い合わせ
    唐桑町観光協会
    Tel:0226-32-3029 
  • アクセス
    JR大船渡線BRT(バス高速輸送システム)「鹿折唐桑駅」からバス約25分「巨釜半造入口」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について