観光スポット・イベント情報

東京ステーションギャラリー




東京駅丸の内駅舎内にある美術館。1988年に開館、東京駅の復原工事にともない、2012年にリニューアルオープンした。2階展示室は、一面、赤いレンガ壁に覆われており、重要文化財である東京駅の歴史を感じさせる。対照的に、3階展示室は白壁に囲まれた現代的な空間。八角形の吹き抜けの階段には、旧ギャラリーのシャンデリアやステンドグラスが使われており、レトロな雰囲気が漂う。国内外の人々と文化が行き交う東京駅から、さまざまな文化やアートを発信する。

  • 所在地
    東京都千代田区丸の内1-9-1
  • 開館時間
    10:00~18:00、金曜/~20:00(いずれも入館は閉館30分前まで)
  • お休み
    毎週月曜(祝休日の場合は翌平日)、展示替え期間
  • 料金
    展覧会により異なる
  • お問い合わせ
    東京ステーションギャラリー
    Tel:03-3212-2485 
  • アクセス
    JR「東京駅」丸の内北口改札直結

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

東北へのまなざし 1930-1945


1930年代から1945年にかけての東北地方の文化にスポットを当てた展覧会「東北へのまなざし」が、東京ステーションギャラリーで開催されます。太平洋戦争へと傾斜を深めた1930年代から、終戦を迎える1945年にかけては、写真などのグラフィカルな視覚文化や、建築や生活様式が急激な変化を遂げた時代でもありました。この時代に、先端的な意識を持った人々が東北地方を訪れ、建築や生活用品、郷土玩具などの東北文化に注目し、これらの記録、収集、展示を行いました。同展覧会では、建築家ブルーノ・タウト、民藝運動を展開した柳宗悦、郷土玩具を収集した武井武雄などの複層的な「眼」を通して、東北地方に今も息づく営みの力を改めて検証する内容となっています。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2022年7月23日~9月25日
    10:00~18:00、金曜/~20:00(いずれも入館は閉館30分前まで) ※休館日は毎週月曜(8月15日・9月19日は開館)
  • 開催場所
    東京都 東京ステーションギャラリー
  • イベント料金
    一般1400円、大高生1200円、中学生以下無料
  • お問い合わせ
    東京ステーションギャラリー 03-3212-2485

関連ホームページ(外部サイト)へ

鉄道と美術の150年




日本の鉄道開業150周年を記念した展覧会「鉄道と美術の150年」が、東京ステーションギャラリーで開催されます。本城直季《new tokyo station》(2012年撮影、東京ステーションギャラリー)をはじめ、錦絵から近現代美術まで、鉄道をモチーフとした作品とともに、1872年の鉄道開業から今日までの鉄道史を振り返ります。美術を介して鉄道史を振り返るときに見えてくる、鉄道通史の表と裏、鉄道にまつわる大きな物語と小さな物語を往還しながら、“もう一つの鉄道150年史”が紹介されます。※会期中に展示替えあり

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2022年10月8日~2023年1月9日
    10:00~18:00、金曜/~20:00(いずれも入館は閉館30分前まで) ※休館日は毎週月曜(10月10日、1月2日・9日は開館)、10月11日、12月29日~1月1日
  • 開催場所
    東京都 東京ステーションギャラリー
  • イベント料金
    一般1400円、大高生1200円、中学生以下無料
  • お問い合わせ
    東京ステーションギャラリー 03-3212-2485

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について