観光スポット・イベント情報

鳴沢氷穴



青木ヶ原樹海の東の入口に位置する溶岩洞で、1150年以上前の貞観6年(864年)に富士山の側火山が噴火した際の溶岩流によってできたもの。灼熱に焼けた溶岩流が冷えて収縮する際、内部のガスとともに溶岩が噴出して空洞となり、総延長153mの起伏に富んだ竪穴型の洞窟を形成した。昭和4年(1929年)に天然記念物に指定され、富士五湖観光のひとつに数えられている。標高1000mの樹海の中という環境のため、その内部は平均気温3度と低く、一年中氷に覆われており、見どころのひとつとなっている氷柱は、かつて江戸幕府へ献上していたと伝わるほか、蚕や種子の保存など天然の冷蔵庫としても活用されていた。約800m離れた場所に富岳風穴がある。

  • 所在地
    山梨県鳴沢村8533
  • OPEN
    9:00~17:00(季節により異なる。最終入場は閉場30分前まで)
  • お休み
    年中無休(冬期は不定休)
  • 料金
    入洞料/大人350円、小人200円
  • お問い合わせ
    鳴沢氷穴
    Tel:0555-85-2301 
  • アクセス
    JR中央本線「大月駅」から富士急行「河口湖駅」~バス「氷穴」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について