観光スポット・イベント情報

大森勝山遺跡

  • 真上から見た環状列石 提供:弘前市教育委員会
    真上から見た環状列石 提供:弘前市教育委員会
  • 遺跡と岩木山 提供:弘前市教育委員会
    遺跡と岩木山 提供:弘前市教育委員会
  • 遺跡入口 提供:弘前市教育委員会
    遺跡入口 提供:弘前市教育委員会

青森県最高峰、岩木山のふもとを流れる大森川と大石川に挟まれた舌状台地にある、環状列石(ストーンサークル)を中心とする遺跡で、国指定史跡。環状列石は、縄文時代6期のうち「晩期」の前半に形成されたものと推定され、長径48.5m、短径39.1mの楕円形で、77基の組石で構成されている。構築方法などに他所の環状列石と異なる特徴が確認でき、また、国内でも希少な縄文時代晩期における様相を示すものとして重要。現在、組石は保護のため埋め戻されている。出土した約250点の円盤状石製品も、この遺跡を特徴づける遺物の一つ。2021年7月、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の一つとして世界遺産に登録された。

  • 所在地
    青森県弘前市大字大森字勝山
  • お問い合わせ
    弘前市教育委員会文化財課
    Tel:0172-82-1642 
  • アクセス
    JR奥羽本線「弘前駅」から車約40分もしくは弘前バスターミナルから「鰺ヶ沢・天長園行」のバス約46分(1日6便)「赤倉神社登山口」~徒歩50分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について