観光スポット・イベント情報

真田邸



1864年(元治元年)に建築された松代城の城外御殿。松代藩真田家9代藩主、真田幸教が義母の貞松院の住まいとして建てたもので、当時は「新御殿」と呼ばれていた。後に、隠居した幸教の住まいとなり、明治以降は伯爵となった真田氏の私宅となった。1966年(昭和41年)、12代当主真田幸治氏により代々の家宝とともに松代町へ譲渡された。主屋、表門、土蔵7棟、庭園は、江戸末期の御殿建築の様式を今に伝える貴重な建物。松代城と一体のものとして国の史跡に指定されている。座観式庭園もあり、四季の風情が感じられる。土蔵7棟のうち、3番土蔵は、松代文化財ボランティアの会による「体験工房」として利用することができる。※内容が変更となる場合あり

  • 所在地
    長野県長野市松代町松代1
  • 開館時間
    9:00~17:00(入場は16:30まで)
  • お休み
    原則無休
  • 料金
    有料 ※毎週土曜と5月5日は小中生無料、9月第3月曜と11月3日は入場無料
  • お問い合わせ
    長野市文化財課松代文化施設等管理事務所
    Tel:026-278-2801 
    Mail: houmotsukan@city.nagano.lg.jp
  • アクセス
    JR「長野駅」から「松代行」のバス約30分「松代駅」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について