観光スポット・イベント情報

雄国沼湿原


猫魔山の火口跡にできた磐梯高原で最も古い湿原で、標高1000mに位置する。沼の畔には、ミズバショウやニッコウキスゲ、ヒオウギアヤメの大群落をはじめ、レンゲツツジなど、280種にもおよぶ湿原植物を見ることができる。見頃は例年5月から9月で、金沢峠から雄国沼湿原木道を歩く約1時間ほどのハイキングが楽しめる。「雄国沼湿原植物群落」として、昭和32年(1957年)に国の天然記念物に指定された。※例年6月と7月の2か月間は、マイカー規制が行われる。

  • 所在地
    福島県北塩原村檜原桧原
  • 花の見頃
    春~秋
  • お問い合わせ
    裏磐梯観光協会
    Tel:0241-32-2349 
  • アクセス
    金沢峠(喜多方側登山道)まで/JR磐越西線「喜多方駅」から車約20分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

雄国沼のニッコウキスゲ



福島県北塩原村にある雄国沼は、国内でも屈指の生息株数を誇る、ニッコウキスゲの大群落があることで知られています。例年6月下旬から7月上旬にかけて咲き揃い、湿原一面に黄色の絨毯を敷きつめたかのような景色が広がります。例年5月下旬にはタテヤマリンドウやショウジョウバカマが、6月中旬にはワタスゲやレンゲツツジなども開花します。雄国沼は、雄国沼湿原植物群落として、国の天然記念物に指定されています。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2022年6月下旬~7月上旬
  • 開催場所
    福島県北塩原村 雄国沼
  • お問い合わせ
    裏磐梯観光協会 0241-32-2349

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について