観光スポット・イベント情報

ニッカウヰスキー仙台工場(宮城峡蒸溜所)




赤レンガの重厚な建物が美しい宮城峡蒸溜所は、「日本のウイスキーの父」と称される竹鶴政孝(1894~1979年)が北海道余市の次に手がけたもので、昭和44年(1969年)創業。清流、新川(にっかわ)と広瀬川の合流点に位置し、スチーム式の単式蒸溜器によるモルトウイスキーと、カフェ式連続蒸溜機によるグレーンウイスキーがつくられている。緑豊かな自然景観を活かした約20haの敷地には、蒸溜棟やキルン塔、赤煉瓦の貯蔵庫、ゲストホールなどが点在する。ウイスキーの製造工程やニッカウヰスキーの歴史について紹介する工場見学も毎日開催。ここから奥新川駅までを歩くトレッキングコースの新川ライン(冬期閉鎖)は、見事な渓谷美が堪能できるコースとして人気。作並温泉も近い。

  • 所在地
    宮城県仙台市青葉区ニッカ1
  • 営業時間
    9:00~16:30(休業日を除く)  【見学時間】9:00~11:30、12:30~15:30 ※所要時間約1時間
  • お休み
    不定休(年末年始除く)
  • 料金
    見学無料 ※10人以上の場合は要予約
  • お問い合わせ
    仙台ニッカサービス
    Tel:022-395-2865 受付/9:00~16:45(休業日を除く)
  • アクセス
    JR仙山線「作並駅」から徒歩25分(1月~12月の営業日土日祝のみ無料シャトルバスあり)、またはJR「仙台駅」から「作並温泉行」の市バス「ニッカ橋」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について