観光スポット・イベント情報

御師住宅(旧外川家住宅)




御師(おし)とは富士山の神霊と崇拝者の間にたち、崇拝者に代わって祈りをあげお札を配り、登拝(信仰登山)の際には自宅を宿泊所として提供して、富士信仰を広める役割を果たした人々のこと。江戸時代の最盛期には86軒ほどの御師が上吉田に居住していたという。旧外川家住宅は敷地面積は約2000平方mで主屋は県内の御師住宅の中でも最古の部類に入る明和5年(1768年)の建築。古文書や史料の一部を展示している。国指定重要文化財で、ユネスコ認定の世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に含まれる。

  • 所在地
    山梨県富士吉田市上吉田3-14-8
  • 公開時間
    9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • お休み
    毎週火曜(祝日の場合は翌日) ※7月、8月は休館日なし
  • 料金
    大人100円、高中小生50円
  • お問い合わせ
    旧外川家住宅
    Tel:0555-22-1101 
  • アクセス
    JR中央本線「大月駅」から富士急行「富士山駅」~徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について