観光スポット・イベント情報

猪苗代城址(亀ヶ城址)



磐梯山南麓の、長い馬ノ背状の細長い小丘陵を利用して築かれた平山城。この尾根を東西に分断する掘切を境として、北に鶴峰城跡(標高555m)、南に猪苗代城跡(標高551m)が並立している。中世、この地を支配した猪苗代氏の居城であった。江戸時代の一国一城令の際にも、例外として城代がおかれ、幕末の慶応4年(1868年)、戊辰の役で焼失するまで、会津藩東の重要拠点として機能していた。隣接する鶴峰城跡は、猪苗代氏代々の隠居城と伝わる。現在は、公園として整備されており、石垣などの遺構が残るほか、桜(例年4月下旬)、紫陽花(例年7月中旬)、紅葉(例年10月下旬)の見どころとしても人気がある。県指定史跡。

  • 所在地
    福島県猪苗代町字古城跡7150-1 ほか
  • お問い合わせ
    猪苗代町商工観光課
    Tel:0242-62-2117 
  • アクセス
    JR磐越西線「猪苗代駅」から徒歩20分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について