観光スポット・イベント情報

太宰治疎開の家「旧津島家新座敷」




昭和20年(1945年)に、戦禍をのがれてふるさとに疎開した作家、太宰治は、妻子とともに1年4か月の間ここで暮らし、数々の作品を執筆していた。文壇に登場してからの太宰が暮らした家として、唯一現存する建物で、その作品世界に触れることができる。

  • 所在地
    青森県五所川原市金木町朝日山317-9
  • 公開時間
    9:00~17:00
  • お休み
    不定休
  • 料金
    入館料/500円 ※希望すればガイドあり
  • お問い合わせ
    白川
    Tel:0173-52-3063 
  • アクセス
    JR五能線「五所川原駅」から津軽鉄道「金木駅」~徒歩4分、または北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」からバス約1時間10分「津軽中里駅前」乗換~津軽鉄道「金木駅」~徒歩4分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について