観光スポット・イベント情報

清藤氏書院庭園




清藤氏書院庭園は、同家の記録によると寛永年代(1624~1643年)に、朝廷の公卿花山院忠長卿が清藤家13代当主から唐糸御前の悲話を聞き弔う意味を込めて、ケヤキを中心に庭を造ったとされ、その後元禄年代(1688~1703年)に京都の茶人、野本道玄が手を加えたとされている。この庭園は津軽地方において広く行われている「大石武学流」の源流であるとされており、明治6年(1873年)に建築された母屋とともに国の名勝に指定されている。

  • 所在地
    青森県平川市猿賀石林1-1
  • 営業期間
    4月~11月
  • お休み
    12月~3月
  • 料金
    一般300円、大高生200円、中小生100円 ※見学は要問い合わせ
  • お問い合わせ
    清藤氏書院庭園
    Tel:0172-57-2127 
  • アクセス
    JR奥羽本線「弘前駅」から弘南鉄道「津軽尾上駅」~徒歩10分

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について