観光スポット・イベント情報

黒森神社

宮古市街地の北側、標高約330mの黒森山にある古社。山麓の発掘調査により奈良時代(8世紀)のものとされる密教法具が出土している。江戸時代までは、「黒森大権現社」などと呼ばれ神仏習合の霊山であった。毎年正月には、神社の神霊を移した「権現様」(獅子頭)を携えて陸中沿岸の集落を廻り、家々の庭先で権現舞を舞って悪魔祓いや火伏せの祈祷を行う国の重要無形民俗文化財「黒森神楽」が巡行する。また源義経一行が3年3ヵ月にわたって黒森山に籠もって行を修め、般若経六百巻を写経して奉納したと伝わっている。

  • 所在地
    岩手県宮古市山口
  • お問い合わせ
    宮古市商業観光課
    Tel:0193-68-9091 
  • アクセス
    JR山田線「宮古駅」から車約10分

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について