観光スポット・イベント情報

関の古碑群


南北朝時代(1338~1392)の板碑形式の供養碑。同所や近くの村々に散在してあったものをこの「関の杉(県天然記念物)」のわきに集めたもので42基あり、南北朝争乱最中の遺跡として重要なもの。板碑は石で造った卒塔婆で平板な石を用い、頂きを山形につくり上部に仏の梵字を(古代インドのサンスクリット語)や仏像を彫り、下に願文、願主名、年紀などを刻んでいる。鎌倉、室町時代に多く建立された当時一帯を支配していた武家・安東氏ゆかりの碑と見られ、折曽の関の繁栄を偲ばせる。

  • 所在地
    青森県深浦町関栃沢
  • お問い合わせ
    深浦町観光協会
    Tel:0173-74-3320 
    Mail: fukasoci@isis.ocn.ne.jp
  • アクセス
    JR五能線「北金ヶ沢駅」から徒歩15分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について