観光スポット・イベント情報

旧国鉄篠ノ井線 廃線敷

  • 提供:信州・長野県観光協会
    提供:信州・長野県観光協会

明治35年(1902年)に全通し、長野県の南北を結んでいた旧国鉄篠ノ井線。昭和45年(1970年)に蒸気機関車約が姿を消して電化され、昭和63年(1988年)に新線が完成したことで86年間の役目を終えた。レンガ積みの漆久保トンネルや、当時の信号機などが今も残る。3万本ともいわれるケヤキの木が植えられた廃線沿いには、ケヤキの森、漆久保トンネル、展望のよい東平などの見どころもあり、木々が色づく10月下旬から11月上旬や、新緑の5月など、鉄道ファンだけでなく、多くの観光客が訪れる。平成22年(2010年)4月1日より三五山トンネルが整備され、歩いて通ることができるようになった。

  • 所在地
    長野県安曇野市明科中川手
  • お問い合わせ
    安曇野市観光協会
    Tel:0263-82-3133 
  • アクセス
    JR篠ノ井線「明科駅」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について