観光スポット・イベント情報

諏訪大社 下社 秋宮


全国の諏訪神社の総本社であり、国内最古の神社のひとつ。諏訪湖の南に上社があり前宮、本宮と、北に下社の春宮、秋宮と四社で構成され、関係の摂社末社は60数社が郡内全域に鎮座している。7年に一度、寅と申の年に行われる「式年造営御柱大祭」、通称御柱祭(おんばしらさい)は、宝殿を造営し長さ約17m、重さ10tにもなるモミの巨木を人力のみで曳き、各社殿の四隅に建てるという勇壮なもので、毎回20万人以上が訪れる。現在の拝殿は安永10年(1781年)に落成した。拝殿奥の神明造りの建物は宝殿で、新しい方を神殿、古い方を権殿と呼び、御柱祭毎に左右交互に建て替えを行う。

  • 所在地
    長野県下諏訪町5828
  • 料金
    宝物殿入館料500円 ※上下社共通券800円
  • お問い合わせ
    諏訪大社下社秋宮
    Tel:0266-27-8035 
  • アクセス
    JR中央本線「下諏訪駅」から徒歩12分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について