観光スポット・イベント情報

抱湖園


花栽培の先駆者、間宮七郎平が、自ら鍬を持ち開墾し、桜などの花木を植えて作った「抱湖園」。南房総の花作りは、薬剤師であった間宮が、昭和初期に、半農半漁の和田町の人々の生活を豊かにすることを願って始めたことに端を発する。安房で初めて花づくりに成功した間宮は、当時の生花組合もつくり、全国有数の花の産地としての地位を固めた。間宮が植えた桜は、旧暦の元日の朝に花を咲かせることから、元朝桜と呼ばれる。

  • 所在地
    千葉県南房総市和田町花園
  • 開園時間
    終日
  • お休み
    無休
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    南房総市観光協会
    Tel:0470-28-5307 
  • アクセス
    JR内房線「和田浦駅」から徒歩20分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

抱湖園の桜

  • (c)南房総市
    (c)南房総市

池と花の公園として親しまれている抱湖園は、例年1月下旬になると咲く、寒桜の名所として特に有名です。この桜は、旧暦の元旦の朝に咲くことから「元朝桜」と呼ばれ、濃いピンク色の花が咲き揃い、春の兆しが感じられます。抱湖園は、花栽培の先駆者、間宮七郎平が、自ら鍬を持ち開墾し、桜などの花木を植えて作ったと伝わります。例年2月には「桜まつり」も開催され、花見客で賑わいます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2022年1月下旬~2月下旬
  • 開催場所
    千葉県南房総市 抱湖園
  • 主催
    南房総市観光協会和田地区
  • お問い合わせ
    南房総市観光協会 0470-28-5307

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について