観光スポット・イベント情報

黒羽城跡(黒羽城址公園)




八溝山西麓の伊王野黒羽支丘の突端を利用して築かれた城の跡。西に那珂川、東に松葉川が流れ、天然の要害であった。戦国時代末期の天正4年(1576年)に大関高増が築城し、明治維新まで300年近くにわたり大関氏(外様大名)が本拠とした。江戸時代を通じ、外様大名が藩主として支配したのは関東では珍しい例である。元禄2年(1689年)には、松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中に、14日間城下に滞在したという記録も残る。多くの空堀(一部水堀)や土塁からなる複郭の山城で、現在でも本丸周辺の堀や土塁が比較的良い状態で残っている。本丸跡からは那須、日光連山が一望でき、城址公園として憩いの場となっている。

  • 所在地
    栃木県大田原市前田
  • お問い合わせ
    大田原市教育委員会文化振興課文化財係
    Tel:0287-23-3135 
  • アクセス
    東北新幹線「那須塩原駅」から雲巌寺線の市バス約35分もしくはJR東北本線「西那須野駅」から五峰の湯線の関東自動車バス約40分「大雄寺入口」~徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について