観光スポット・イベント情報

骨寺村荘園遺跡



「紺紙金銀字交書一切経」の完成に尽力した僧・自在房蓮光は、藤原清衡から初代経蔵別当に任じられた際に、私領であった骨寺村を経蔵に寄進したとされる。以来、骨寺村は室町時代までの約300年間、中尊寺経蔵別当領として受け継がれた。中尊寺に現存する「陸奥国骨寺村絵図」(重要文化財)にほぼ近い形で、現在も中世社会の荘園の面影をとどめている。中世の絵図の状態がそのまま残っている地域は全国でも珍しい。重要文化的景観選定地及び国指定史跡。

  • 所在地
    岩手県一関市厳美町本寺地区内
  • 営業時間
    9:00~17:00(現地見学時間1時間30分)
  • お休み
    骨寺村荘園休憩所(古曲田家)/水曜、骨寺村荘園交流(若神子亭)/火曜
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    骨寺村荘園交流館
    Tel:0191-33-5022 骨寺村荘園休憩所 0191-39-2930、一関市役所 骨寺荘園室 0191-21-2111(内線8471)
  • アクセス
    骨寺村荘園休憩所/JR東北本線「一ノ関駅」からバス「骨寺村荘園遺跡」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について