観光スポット・イベント情報

天神山城跡

片貝川と布施川に挟まれた台地上にある独立丘陵、天神山の山頂(標高約163m)に築かれた山城。山頂部には大きな削平地が2か所見られ、片貝川に面して土塁が設置されている。中腹には何段にもわたる帯郭状の削平地、竪堀や空堀も見られる。松倉城塁群のひとつで、築城は天文23年(1554年)。城主は長尾小四郎景直と伝わるが、史料に登場するのは元亀3年(1572年)で、上杉方の重要な中継拠点であったとされる。天正10年(1582年)の魚津城の戦いの折、越後の上杉景勝が後詰として陣を敷いた所としても有名。山頂部からは弥生時代末期の土器も出土している。

  • 所在地
    富山県魚津市小川寺字天神山
  • お問い合わせ
    魚津市教育委員会生涯学習・スポーツ課生涯学習・文化係
    Tel:0765-23-1045 
    Mail: learning@city.uozu.lg.jp
  • アクセス
    北陸新幹線「黒部宇奈月温泉駅」から車約30分

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について