観光スポット・イベント情報

鮫ケ尾城跡



上杉謙信が、武田信玄の進出に対し、信濃方面への備えとして築城した。戦国時代の要害ぶりを示す大小数十の曲輪跡や、空堀、土塁、井戸などが残存し、春日山城跡に次ぐ規模を誇る。謙信の死後、二人の養子の景勝と景虎が争った「御館の乱」で、敗走した景虎が自刃した悲劇の城としても有名で、米蔵跡からは今も戦火を伝える焼けた米を、土の中から発見することができる。標高183mの伝本丸跡からは、日本海や米山までを一望することができる。

  • 所在地
    新潟県妙高市宮内
  • お問い合わせ
    妙高市生涯学習課
    Tel:0255-74-0035 
  • アクセス
    北陸新幹線「上越妙高駅」から車約10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について