観光スポット・イベント情報

浦佐城跡(浦沢城跡)

標高300mの山城で、別名、浦沢城。応永28年(1421年)に大関氏によって築城されたと伝わる。戦国時代には清水藤左衛門らの居城であり、天正6年(1578年)の「御館の乱」の際には、上杉景勝方につき、三郎景虎の援軍、北条軍に攻撃されるも撃退、感状を賜った。三国街道と魚野川舟運を監視する重要な拠点であったため、戦国時代には上杉氏の出城としての役割を担った。曲輪、土塁、空堀が残り、山頂には薬師如来の祠がある。代々の城主は領民の健康を祈願して、薬師如来を信仰し、麓の千住院の住職に薬師如来の守護を任せたと伝わる。

  • 所在地
    新潟県南魚沼市浦佐
  • お休み
    冬期間
  • お問い合わせ
    大和観光協会
    Tel:025-777-3054 
    Mail: yamakan@sepia.ocn.ne.jp
  • アクセス
    JR上越線・上越新幹線「浦佐駅」から徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について