観光スポット・イベント情報

会津さざえ堂


寛政8年(1796年)、会津若松市の飯盛山に建立された、高さ16.5mの六角三層のお堂で、正式名称は「円通三匝堂」。当時飯盛山には、正宗寺(しょうそうじ)があり、その住職であった僧郁堂がさざえ堂を考案した。独特な2重らせんのスロープに沿って、西国三十三観音像が安置され、このお堂を参ることで、三十三観音参りができるという合理的なもの。上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造により、たくさんの参拝者がすれ違うことなく、安全にお参りできるという、世界でも珍しい建築様式を採用したことで、建築史上その特異さが認められ、平成8年(1996年)に国の重要文化財に指定された。明治時代になると、神仏分離令によって神道を信仰しため、正宗寺は廃寺となり、三十三観音像は取り外された。

  • 所在地
    福島県会津若松市一箕町八幡滝沢155番地
  • 開門時間
    4月~12月/8:15~日没、1月~3月/9:00~日没
  • 料金
    大人400円、大高生300円、中小生200円
  • お問い合わせ
    会津さざえ堂
    Tel:0242-22-3163 
  • アクセス
    JR磐越西線「会津若松駅」からまちなか周遊バス「あかべぇ」(※4月~11月のみ運行)または「ハイカラさん」・「飯盛山下」~徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について