観光スポット・イベント情報

浜町の常夜燈



文政10年(1827年)に建造。盛岡藩の日本海航路への窓口として賑わった野辺地湊に夜間入港する船の目印として、旧暦3月10日から10月10日までの間、毎晩火が灯されていたと伝えられる。施主は野辺地の廻船問屋、野村治三郎、運送にあたった世話人は関西の船主であった。現在は常夜燈公園内に移されたが、その当時の湊の面影を伝えている。町指定史跡。

  • 所在地
    青森県野辺地町馬門道
  • お問い合わせ
    野辺地町立歴史民俗資料館
    Tel:0175-64-9494 
  • アクセス
    JR大湊線「野辺地駅」から車約5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について