観光スポット・イベント情報

下後亟神明宮



地区内に八幡林・神明宮・諏訪社の三座があったが、宝暦の社号帳には八幡一社と記されており、明治41年に、神明宮に諏訪社・八幡宮が合祀され、現在の社号「下後亟神明宮(しもごぜしんめいぐう)」となった。毎年4月11日には300年の歴史をもつ「酒とり祭」、9月10日には勇壮な源氏太鼓の音が鳴り渡る秋祭り(風祭り)が行われる。

  • 所在地
    富山県小矢部市下後亟640
  • 参拝時間
    自由
  • お休み
    無休
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    小矢部市観光協会
    Tel:0766-30-2266 
  • アクセス
    JR「新高岡駅」から車約30分

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

源氏太鼓


寿永2年(1183年)の倶利伽羅(くりから)源平合戦の際に、源氏軍についた村人たちが勝利を祝い、打ち鳴らした勝どき太鼓が起源とされ、小矢部市の無形民俗文化財に指定されています。毎年9月の秋祭りに下後亟神明宮で披露され、豆絞りの鉢巻に法被、黒のたっつけ袴、白の手甲に足袋という揃いのいでたちで、笛の音に合わせて踊りながら、長さ3.28m、胴回り3.57mの大太鼓が五穀豊穣を祈って打ち鳴らされます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2019年9月10日
    神事15:30~、浦安の舞16:00~、獅子舞16:30~、太鼓17:00~ ※いずれも予定
  • 開催場所
    富山県小矢部市 下後亟神明宮
  • お問い合わせ
    小矢部市観光協会 0766-30-2266

掲載の観光スポット・イベント情報について